遺伝子ダイエット

遺伝子ダイエット、ちょっと聞きなれない名前の方法かもしれませんが、実は遺伝子ダイエットが今注目されています。
肥満遺伝子の研究が日本では進められているのですが、日本人の体質というのは、リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型に分けることができます。
自分が、どれに当てはまるのかを知っておくと自分の体質に合うダイエット方法が見つけられますから、成功しやすいというのが、遺伝子ダイエットなのです。
遺伝子ダイエットでは、問診を進めてチェックしていくことで、自分がどのタイプなのかが分かります。
遺伝子ダイエットのチェック項目としては、太り始める場所、子供の頃の体型、食事の好きなもの、おなかが空いた時の状態、自分のことでよく言われること、ダイエットをするとどうなるのか、
運動をするとどうなるのか、体調で特に多い状態、太ったときにジーンズはどこがきつく感じるか、そういったことを遺伝子ダイエットではチェックしていきます。

このチェックの結果によって遺伝子ダイエットで、どのタイプなのかが分かるのです。
遺伝子ダイエットではリンゴ型の人は他の型の人よりも内臓脂肪がつきやすくてウエスト周りが出っ張ったような体型であるリンゴ型肥満になりやすいと言われています。

そして、遺伝子ダイエットでは下半身に脂肪がつきやすい人は、洋ナシ型といわれていますし、脂肪はあまりつかないで痩せていて、ひょろっとしている人はバナナ型といわれています。
タイプによって注意するべき点なども分かってきますから、それを守れば遺伝子ダイエットに成功して太りにくくなるというのが、遺伝子ダイエットの特徴なのです。
また遺伝子ダイエットでは、食べる順番でダイエットをスムーズに進めることも出来ます。
リンゴ型の人は低糖質を目指し、洋ナシ型の人は低脂肪を目指し、バナナ型の人は高たんぱくを目指す、それが遺伝子ダイエットでおすすめのそれぞれの、遺伝子タイプにぴったりのダイエットの食べ方となります。